10/16/2018

回想

October  2018     wooddish  

展覧会で1番感激したお客さまは、最終日の夕方にフラリと入って来た高校1年生。
日本でギャラリーは敷居が高いと思われてしまっているので、大人でも中に入ることはためらって出来ない人が多い中、
僕が他のお客さまの対応をしている間にいつの間にか後ろに佇んでいました。
僕の作品を観た後に、どうしてここに来たのか尋ねると“歩いていたら見つけていいなぁと思って”ということです。すごい。

彼は中学の時に学校へ行けなくなってしまい、今は定時制高校に通っているそう。
そして、自分が個人的に勉強していることのノートを見せてくれました。
自分の好きなことをちゃんと分かって一人で積み重ねていくことはとても難しい。
おそらく誰にも見せない彼の秘密のノートでしょう。

そんな彼のお話を聞いている時は、過去の自分と重ねて涙が出そうになりました。
僕は最後に“後ろ指をさされることもあると思うけど、自分の好きなことを続けていればきっと何かにつながる時が来るので、是非やり続けてほしい”とだけお伝えしました。

いつかこの時間が彼の自慢話になるように、僕は頑張ります。





10/15/2018

おもううつわ展御礼

October 2018     omou-utsuwa exhibition


「おもううつわ」展は無事終了致しました。

昼食の会“コトワリヲハカル”を開いてくださった三島葉子さん、会場音楽を作ってくださった三上僚太さん、企画メンバーの方々、昼食の会のレポートを書いてくださった“てとてと”の井上桃子さん、地域の方々、国内外のお客さまに支えられた素晴らしい展覧会となりました。自分の予想を遥かに超えた結果となったと思っています。

浅学ながら、うつわは人類の歴史とともに歩んできたものです。歴史をひもとくと、様々の人のおもいがうつわに凝縮されていることが分かりました。現在では食卓という小さなスケールでうつわを考えがちですが、僕は大きな可能性を感じました。
そして、台東区上野や中という場所が世界の人々を集める求心力をもつパワースポットであり、hacoはその窓口の1つであると考えました。

展覧会に先立ち、色々な条件を踏まえて個人的な目標として
「1万年後の人が見ても感動し、地球が入るほど大きな希望のつながりを持ったうつわ」
を目指しました。笑われるかも知れませんが、絵空事ではなく実際の結果として垣間見えました。

これは僕1人の力ではなく、多くの方の力によるものです。
今回の展覧会で得られたことを糧として、携わった方々とはじめ、社会にどう還元できるかを考えていきたいと思います。
たくさんのおもいをいただき、ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。






8/24/2018

おもううつわ展

July.2018     wooddishies

日時:  2018年10月6日(土)〜10月13日(土)  
     11:00〜19:00

場所:  谷中ギャラリーhaco<MAP     
     東京都台東区谷中6−1−27     
     JR日暮里駅南口改札から徒歩約10分     
     地下鉄千代田線千駄木駅から徒歩約12分     
     地下鉄千代田線根津駅から徒歩約10分
     ※駐車場はありません

電話番号:080−4206−0126

メール: haco.hand@gmail.com

在廊日: 全日在廊

----------------------------------------------------------------------------------------------

風はやや秋らしくなりましたが、相変わらず暑い日が続きますね。
トンボも飛んでいますが、“暑っ!!早く出過ぎたわ〜!!”なんて思っているかも。

さて、初めての器の展覧会です。
器は以前から作っていましたが、改めて器の意味を考え直してみました。
内容は日常の道具としての器に対するハレの日の器のような、
ちょっと特別感のあるものが並びます。

さらに、料理家の三島葉子さんが僕の器を使って昼食会を(抽選になります)、

会場音楽はVEGETABLE RECORDの三上僚太さんが作ってくれるという贅沢な企画です。
場所は日本の懐かしい街が残る谷中界隈にあり、最近は多くの外国人も訪れる観光スポットでもあります。
ギャラリー周辺にもたくさんの見所がありますよ~

全日在廊しているので、是非お越しくださいね。 





5/21/2018

NATURE IN THE CITY Materials




2018.5     woodflowervase


大阪の阪急うめだ本店のイベントに出展します。
花器やお皿出ますよ~。


◆期間 5月23日 〜 28日
◆場所 9階 祝祭広場
※催し最終日は午後6時終了

同期間中、10階でmoyuru internationalさんの期間限定ショップでも
彫刻が展示・販売されます。
是非お越しください!

2/19/2018

解放展

Kaihou Exhibision


日時  2018年3月3日(土)〜11日(土)
    11:00〜18:00  
    *3月5日(月)〜9日(金)はアポイント制


場所  takase
     埼玉県さいたま市緑区宮本2−19−14<MAP

      JR東浦和駅より
        国際興業バス:さいたま東営業所行 朝日坂上下車 徒歩2分
            :馬場折返場行 松ノ木東公園下車 徒歩10分
        JR浦和駅東口より
           国際興業バス:浦和美園駅行 芝原二丁目下車 徒歩15分 
      ※駐車スペース7台有り

連絡先 048−762−7524


メール info@takase-0.com


在廊日 3月3日、4日、10日、11日

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

冬の厳しい寒さと春のやわらかな暖かさが交互にやってくるような日が続いていますね。

さて、個展のご案内です。
今回は「解放」というテーマをいただき、作品を作りました。

とても難しい課題で、これからもずっと向き合うことになるものだと思いますが、
今の自分の解釈を表現してみました。

内容は花器の他、彫刻もあります。
是非お越しくださいね。





11/28/2017

初めの一歩


28.Nov.2017     Unkei Exhibition


良い評価をいただいた時ほど、そこから抜け出すことは難しいです。

会期終了間際に滑り込んだ運慶展。

運慶の父や息子達などの作品を同時に並べることで、
異彩を放つ運慶の姿を浮き彫りにするものでした。

とても受け止めきれない余りある衝撃。

でも、受け入れやすい。

自分勝手な印象ですが、

他の仏師の作品が木綿なら、運慶の作品は絹のようでした。
しっとりとして滑らかで、軽くてモダン。
もっとも、比較対象があったからこそ感じたことなのですけどね。

背筋が伸びる思いがした日でした。






11/22/2017

木氣展御礼

18.Nov.2017    Woodsculpture

木氣展は無事終了致しました。
多くの方に脚を運んでいただけたことに感謝致します。


今回の展覧会では、感動したというたくさんの声をいただきました。
そのため、終わった時は安堵と嬉しさもありました。
しかし次の日に目覚めると、達成感や満足感というものはありませんでした。
ただ大きな感謝の気持ちだけが残り、何時もの時間に起き、
朝日を眺めたあとに個展の後片付けを淡々と始めました。

“水は方円の器に随う”(みずはほうえんのうつわにしたがう)といいいます。
四角い器に水を入れれば水も四角い形になり、
丸い器に水を入れれば水も丸い形になります。
このことから、人も環境や付き合う人次第で善くも悪くもなるという諺です。

僕は昨年の初夏に作り手として生きていきたいと覚悟を決めたとき、
安定・自立した生活を捨てて退路を断ち、畑の隅にある大きな木の下で始めました。

屋根も床も壁もない、一見厳しいとも思える環境。

しかし、自然の厳しさにもまれ、優しさに包まれることで、
己の傲慢さに気づかされました。

また、一人で何でもやりたい、できると思い込んでいましたが、
現実には何もできず、周りの人に支えられることで己の弱さに気づかされました。
「人間」とは「人」の「間」と書きますね。
自分は人と人との間で生きているのだと。

自然と人という大きな大きな器の中で、

水となった僕は一人の人間、一人の作り手としてもう一度作られた感じがします。
そのために、達成感や満足感がなかったのかも知れません。
あるのは感謝だけです。

ありがとうございました。


さてこれからですが、今回の経験からたくさんの宿題ができました。
組織から離れ、自由になれると考えていた生活に不自由を感じ、
自然という不自由な相手と向き合うことで自由を感じました。
表現は自分を出すことだと思い込んでいましたが、
それも進めるうちに自分が邪魔になっていきました。

自由とは何処にあるのでしょうか?
表現とは何なのでしょうか?

今はうまく言葉にすることはできませんが、
これからも探し続けたいと思います。
そして、また新しい自分となって皆さんにお会いできることを楽しみにしています。